新着情報

新着情報詳細

2020年06月19日 山田錦の歴史を紹介!

皆さんは、「山田錦」というお米の銘柄を知っているでしょうか?今回は山田錦の歴史について簡単にお話したいと思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

  • 山田錦のルーツ

山田錦のルーツは兵庫県です。山田錦は人工的な交配によって生まれた品種で、1923年に兵庫県立農事試験場で誕生しました。その後時間をかけて選抜が行われ、1936年に山田錦と命名されました。

山田錦の名前は、母親の「山田穂」と父親の「短稈渡船」から取られています。短稈渡船は岡山産のお米「雄町」をルーツにしているので、山田錦と雄町は近い関係のお米だと言えます。

 

  • 山田錦は全国に!

今現在、山田錦は全国で知られるほど有名なお米になりました。消費者や蔵元からの人気が非常に高く、日本全国で栽培されています。日本全国で生産されるようになった山田錦ですが、やはり兵庫県産のものが今での定評があります。

 

兵庫県にある東田商店では、日本全国向けにお米の販売を行っております。当店独自のブランド米や今回紹介した兵庫県産の山田錦も販売しておりますので、お米が好きな方はぜひ一度購入されてみてください!

お問い合わせはこちらから

営業時間
8:00~17:00
定休日
日曜日・祝日