新着情報

新着情報詳細

2019年12月20日 平成の米騒動とは?

今回は平成の時代に起きた米不足問題を紹介したいと思います。この問題は日本のお米をめぐる状況を大きく変えた騒動ですので、1つの豆知識として知っていただければ幸いです。

 

1993年、日本では米不足問題が起こりました。米不足問題が起きた原因は天候不順で、梅雨前線が長く日本列島に滞在したことにより記録的な冷夏となりました。その結果、収穫量が例年の約7割程度となり、消費量を下回る収穫量となってしまいました。

 

米不足の対応を迫られた日本政府は、外国のお米を緊急輸入することにしました。それまでの日本はお米の輸入を一切認めていなかったため、日本にとっては重要な決定となったのです。

日本はタイからたくさんのお米を輸入することになりますが、このタイ米を巡って大きな問題となってしまいます。そもそも日本で食べられている米とタイで食べられている米は種類が異なるため、日本人の多くがまずいと考えたくさんのタイ米が食べられないまま捨てられてしまいました。タイ米も適切な調理法で調理すれば美味しく食べられます。この騒動は平成の米騒動として広く認知されているのです。

お問い合わせはこちらから

営業時間
8:00~17:00
定休日
日曜日・祝日